とう骨遠位端骨折後のCRPSの発生率と予測因子


大学病院での前向き研究。閉鎖的整復とギプス固定で治療を受けた遠位radiusの骨折患者90人。主要な結果の指標: CRPS Iの発生, 痛み, 手関節と指の関節可動域, レントゲン所見, 患者が評価した手関節の評価(Patient-Rated Wrist Evaluation), Hospital Anxiety and Depression scale およびThe Short Form 36を受傷時と経過観察1, 3, 6 および9か月で調べた。結果:CRPS Iは29人の患者(32.2%)で生じ、ギプス除去から平均 21.7±23.7日後に起こる. 単変量解析によるとCRPS I患者と CRPS Iではない患者の間には受傷時の性別(p=0.021), 社会経済的なレベル(p=0.023), 外傷のタイプ(p=0.05), 安静時痛と運動時痛 (p=0.006 およびp<0.001), 手関節の伸展と回内 (p=0.002 and p=0.001), 指の屈曲(p=0.047), 母指の対立(p=0.002), 手の機能(p<0.001), および身体的な生活の質(p=0.013)に有意差あり。ロジスティック回帰によるとCRPS Iの危険性は女性(OR:5.774;95%CI:1.391 to 23.966), 中等度と軽度のエネルギーの外傷(OR:7.718;95% CI:1.136 to 52.44), short form 36の身体的な生活の質が40未満 (OR:4.931;95%CI:1.428 to 17.025) および患者が評価した手関節の評価のpain subscaleが >16 (OR:12.192;95%CI:4.484 to 43.478)で高かった.
Arch Phys Med Rehabil. 2013 Sep 27. pii: S0003-9993(13)00928-3. doi: 10.1016/j.apmr.2013.09.012. [Epub ahead of print]
Complex regional pain syndrome type I. Incidence and risk factors in patients with fracture of the distal radius.
Jellad A, Salah S, Frih ZB.
University of Monastir Tunisia, Faculty of Medicine, Department of Physical Medicine and Rehabilitation. Electronic address: anisjellad@gmail.com
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-10-12 13:30 | 複合性局所疼痛症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line