SSRIにより術後出血が増加する


カナダのOntarioで股関節の手術を受けた66歳以上の患者で後ろ向きコホート研究。現在のセロトニン作動性の抗うつ薬(Serotonergic antidepressants:SAds) および非セロトニン作動性の抗うつ薬(nonserotonergic antidepressants:NSAds)の使用者におけるRBC輸血の危険性 を最近の以前のSAd 使用者と比較。二次的な結果には術後合併症や死亡率を含む。 出血に関連のある薬物処方を受けている群でサブグループ解析を行った。多変量ロジスティック回帰により抗うつ薬と術後の結果のオッズ比 (ORs) を決めた。11,384人が対象。現在のSAd使用者は最近の以前のSads使用者 (OR, 1.28; 95% confidence interval, 1.14-1.43) や現在の NSAd 使用者 (OR, 1.17; 95% confidence interval, 1.03-1.33)と比較してRBC輸血の危険性が増加する。SAds またはNSAdsを内服しているものでは抗血小板薬を使用していればRBC 輸血の危険性はさらに増加。しかし, 術後合併症や死亡率はどの抗鬱薬使用群でも増加せず。術前に抗うつ薬を一律に中止することは多くの場合是認されない。
J Clin Psychopharmacol. 2013 Oct 2. [Epub ahead of print]
Risk of Perioperative Blood Transfusions and Postoperative Complications Associated With Serotonergic Antidepressants in Older Adults Undergoing Hip Fracture Surgery.
Seitz DP, Bell CM, Gill SS, Reimer CL, Herrmann N, Anderson GM, Newman A, Rochon PA.
From the *Division of Geriatric Psychiatry, Department of Psychiatry, Queen's University, Kingston; †Mount Sinai Hospital; ‡Institute for Clinical Evaluative Sciences; §Institute of Health Policy, Management and Evaluation, University of Toronto, Toronto; ∥Department of Medicine, Institute for Clinical Evaluative Sciences, #Department of Anesthesia and Perioperative Medicine, Queen's University, Kingston; **Department of Psychiatry, Sunnybrook Health Sciences Centre and University of Toronto; and ††Women's College Research Institute, Women's College Hospital, Toronto, Ontario, Canada.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-10-12 13:38 | 抗うつ薬
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line