CRPSと慢性腰痛症における精神的要因、痛み、障害の関連


方法: 88人のCRPS患者と88人の腰痛症の患者が痛み, 障害, 抑うつ, 不安, および運動嫌悪の測定。両群の平均点数を比較し、精神的要因、痛み、および障害の関連を両群で比較。痛みと障害の予測因子を重回帰分析で評価。結果:両群は痛み、障害、抑うつ、不安、および運動嫌悪の点数は著しく同様。両群の中で,抑うつ、不安、運動嫌悪が強い者は障害が強い。CRPS群では痛みの強さは有意に苦悩と関連するが腰痛症群ではそうではない。多変量解析によると、両群の障害の予測因子は痛みと抑うつであり、CRPS群においては抑うつは障害と強い関連がある。両群においては, 痛みの強さは運動嫌悪によって予測され、CRPS群でのみ不安は唯一の予測因子。まとめ: CRPS群では腰痛症群よりも, 障害と痛みの強さは精神的な要因とより関連がある。この横断研究からは因果関係は確立できず。
Clin J Pain. 2013 Oct 16. [Epub ahead of print]
Relationships Between Psychological Factors, Pain and Disability in Complex Regional Pain Syndrome and Low Back Pain.
Bean DJ, Johnson MH, Kydd RR.
*The Auckland Regional Pain Service (TARPS), Auckland District Health Board, Auckland, New Zealand †Department of Psychological Medicine, The University of Auckland, Auckland, New Zealand.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-10-20 17:17 | 複合性局所疼痛症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line