アセトアミノフェンによる動脈管開存治療


2009年6月,早期呼吸治療中に静脈内paracetamol を始める。72時間以内にparacetamol を開始した105人の超早産児(very preterm infants:VLGA, 妊娠<32週) 。20 mg/kgを投与し、その後6時間ごとに7.5 mg/kg投与。96人の VLGA infantsが致死的な先天異常を制御できず2008年1月から2009年5月まで入院。超早期に死亡した新生児は除外し、残りの102人の paracetamol-投与群と88人の対照群を解析。結果: paracetamol投与後,持続性動脈管(Persistent ductus arteriosus:PDA)は30.7%から14.7%に減少 (p=0.008). Ibuprofen治療を15人の paracetamol-治療新生児と26人の対照新生児に行う(p=0.013). paracetamol-治療をした3人と7人の対照新生児は手術が必要であった。検出可能な副作用はない。年間のPDA 発生率はparacetamol使用後減少。
J Matern Fetal Neonatal Med. 2013 Oct 10. [Epub ahead of print]
Early paracetamol treatment associated with lowered risk of persistent ductus arteriosus in very preterm infants.
Aikio O, Härkin P, Saarela T, Hallman M.
Department of Pediatrics, Oulu University Hospital, Oulu, Finland.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-10-20 17:22 | アセトアミノフェン、NSAID
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line