慢性疲労症候群では脳血管の制御は骨格筋のpHと関連する


CFSにおける脳血管制御と骨格筋のpH 管理に生理的な関連があるかどうかを調べた。Fukuda基準を満たす17人のCFS患者を地域のCFS臨床サービスから集めた。静止した状態を調べるために, 安静時の脳血流(Cerebral blood flow:CBF)と骨格筋のpHをMRI および(31)P magnetic resonance spectroscopy ((31)P-MRS)により計測。運動時の対照を調べるために、標準的な自律神経評価法であるバルサルバ法(Valsalva manoeuvre :VM)と共に脳のfunctional MRIを行い, 足底屈曲訓練中に(31)P-MRSを行う。安静時にはCBFおよび骨格筋のpHには有意な逆相関 (r = - 0.67, p < 0.01).VMによる交感神経期の脳血管の延長した収縮は足底屈曲訓練後の骨格筋の高いpHと関連する (r = 0.69, p < 0.008).まとめとして, CFSでは安静時と動的な刺激後において脳血管の制御は骨格筋のpHに密接に関連する。
Neuroimage (Amst). 2013 Jan 5;2:168-73. doi: 10.1016/j.nicl.2012.12.006.
Cerebral vascular control is associated with skeletal muscle pH in chronic fatigue syndrome patients both at rest and during dynamic stimulation.
He J, Hollingsworth KG, Newton JL, Blamire AM.
Institute of Cellular Medicine & Newcastle Magnetic Resonance Centre, Newcastle University, Newcastle upon Tyne, United Kingdom.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-11-03 01:36 | 慢性疲労症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line