慢性疲労症候群の合併症


方法:慢性の説明不能の疲労のために三次医療センターに紹介された患者が内科的な評価, 精神診断的なスクリーニング, 精神治療的な評価とpolysomnography+多数の睡眠戦時の検査を含む統合された診断を受けた。学際的なチームの議論で最終診断を決めた。CFSの診断はFukuda基準で行い, 精神疾患はDSM-IV-TR基準で行い, 睡眠障害はICSD-2基準で行う。結果:紹介された377人の患者のうち, 279人(74.0%)が本研究に含まれる[84.9%人が女性; 平均年齢は38.8歳 (SD 10.3)]。明確なCFSの診断は23.3%。21.1%,では CFSは睡眠障害and/or 精神疾患と関連するが, それはCFSの診断を無効にはしない。顕著な睡眠障害が9.7%で見られ, 19.0%に精神疾患があり、20.8%は両方の組み合わせ。2.2%のみが典型的な内科疾患の診断。全患者の中で, 睡眠障害は49.8%にあり, 特に閉塞型睡眠時無呼吸症候群であり, ついで精神生理学不眠と周期性四肢運動障害. 精神疾患は45.2%で診断され; 大部分は気分障害と不安障害。
J Psychosom Res. 2013 Nov;75(5):491-6. doi: 10.1016/j.jpsychores.2013.07.010. Epub 2013 Aug 20.
Undiagnosed and comorbid disorders in patients with presumed chronic fatigue syndrome.
Mariman A, Delesie L, Tobback E, Hanoulle I, Sermijn E, Vermeir P, Pevernagie D, Vogelaers D.
Department of General Internal Medicine, Infectious Diseases and Psychosomatic Medicine, University Hospital Ghent, Belgium; Center for Neurophysiologic Monitoring, University Hospital Ghent, Belgium. Electronic address: an.mariman@ugent.be
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-11-09 15:24 | 慢性疲労症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line