糖尿病性末梢神経障害におけるむずむず脚症候群の有病率


韓国。方法: 199人の糖尿病性末梢神経障害(diabetic peripheral neuropathy:DPN)患者と220人のlegのOA患者の前向き症例対照International RLS Study Groupの診断基準によりRLSの診断をした後, 18-項目のHopkins Diagnostic Questionnaire(RLS類似病態を除外する)を用いて直接インタビューを行い二人の神経科医が独立して検査を行う。結果: DPN患者199人中, 44人(22%) は4-項目のRLS診断質問に対する答えからRLSであるようでありOA患者220人中8人(3.6%)がそうである。しかし, 臨床インタビューに適しているHopkins Telephone Diagnostic Interview (HTDI)を用いた診断では、DPN群におけるRLSの有病率は16人 (8%)にまで低下しOA群では 8人 (3.6%)。HTDIで決めたDPN 群のRLSの有病率はOA群のそれよりも依然として有意に高く (P=.042)、一般韓国人口の約2倍(8% vs 3.9%)。DPN患者の中では, RLS患者は高齢であり(68.06±8.43years vs 62.46±11.05years; P=.049)痛み点数が高い(visual analog scale [VAS], 4.69±2.52 vs 2.72±2.12; P=.002)。生活の質(MOS [Medical Outcomes Study] sleep scale) および健康に関連した生活の質(QoL) (total score on the 36-Item Short-Form Health Survey [SF-36])には両群で有意差なし。
Sleep Med. 2013 Oct 16. pii: S1389-9457(13)01153-2. doi: 10.1016/j.sleep.2013.09.013. [Epub ahead of print]
Prevalence and clinical characteristics of restless legs syndrome in diabetic peripheral neuropathy: comparison with chronic osteoarthritis.Cho YW, Na GY, Lim JG, Kim SH, Kim HS, Earley CJ, Allen RP.
Department of Neurology, Dongsan Medical Center, Keimyung University School of Medicine, Daegu, South Korea. Electronic address: neurocho@gmail.com
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-11-17 14:44 | むずむず脚症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line