動脈管開存に対するアセトアミノフェンの有効性


方法: 心エコーで動脈管開存(症)(patent ductus arteriosus:PDAと確認した160人の新生児(妊娠期間≤34週)に無作為に経口paracetamol (n = 80) 又はibuprofen (n = 80)を投与. 最初の治療の後、2回目の治療の必要性を心エコーで評価。重要な結果は動脈管閉鎖の率であり、二次的な結果は副作用と合併症。結果:paracetamol 群では動脈管閉鎖は65人 (81.2%) であり、ibuprofen群では63人 (78.8%)。群間の差のThe 95% confidence interval は[-0.080,0.128]であり、paracetamol治療の有効性は ibuprofenに劣らない。実は, paracetamol群の 高ビリルビン血(症)又は胃腸出血の発生率は有意にibuprofen 群より少ない。その他の臨床的な副作用や合併症には有意差はない。
PLoS One. 2013 Nov 4;8(11):e77888. doi: 10.1371/journal.pone.0077888.
Comparison of Oral Paracetamol versus Ibuprofen in Premature Infants with Patent Ductus Arteriosus: A Randomized Controlled Trial.
Dang D, Wang D, Zhang C, Zhou W, Zhou Q, Wu H.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-11-17 14:59 | アセトアミノフェン、NSAID
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line