透析患者におけるむずむず脚症候群


方法:慢性透析時に全血漿homocysteine 、creatinine, 尿素, 葉酸, 副甲状腺ホルモン, ヘモグロビン, 鉄, フェリチン, 燐酸, カルシウム, マグネシウム, およびアルブミンレベルを26人の RLS-罹患者 (RLSpos) と26人の非罹患者(RLSneg)の患者で比較。the Pittsburgh-Sleep-Quality-Index を用いてRLSpos とRLSneg患者の間で主観的な睡眠の質を比較し検査データと睡眠の質の関連を調べた。結果:個人のアルブミン濃度を考慮すると,全血漿homocysteineと RLS の発生には有意な関連がある (r= 0.246; p=0.045). RLSposはRLSnegに比べると睡眠の質は有意に低下してRLSの程度は睡眠の質と正の相関がある。全患者の悪い睡眠の質は副甲状腺ホルモン濃度の高さと関連する。
Kidney Blood Press Res. 2013 Oct 25;37(4-5):458-463. [Epub ahead of print]
Uremic Restless Legs Syndrome (RLS) and Sleep Quality in Patients With End-Stage Renal Disease on Hemodialysis: Potential Role of Homocysteine and Parathyroid Hormone.
Gade K, Blaschke S, Rodenbeck A, Becker A, Anderson-Schmidt H, Cohrs S.
Department of Psychiatry and Psychotherapy, Georg-August-University Göttingen, Germany.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-11-24 22:01 | むずむず脚症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line