慢性疲労症候群に有効な治療方法


方法: 2000年1月から2005年12月まで, the Aviano National Cancer InstituteのCFS Unit入院患者全員の治療を評価。Fukuda基準に合致しない患者は除外。結果: 250人の男性および491人の女性 (中央値は各々35.5歳と39.3歳) のCFS患者の治療。予期したとおり, 全患者CFSは過去の感染疾患の結果。女性の方が男性よりも症状が重い。栄養剤のみ, corticosteroids, 抗うつ薬/鎮静薬, および抗ウイルス薬/免疫グロブリンで治療。抗ウイルス薬/免疫グロブリンの反応が最良 (15.3%が陽性反応 vs. 8.3%が陰性反応; OR 0.44, CI 0.26-0.74, p = 0.002)。4つ以上の治療の実施に予防効果(OR 0.46, CI 0.28-0.77, p = 0.003).薬のタイプ (OR 0.49, CI 0.28-0.84, p = 0.009) や実施した治療の数 (OR 0.51, CI 0.30-0.86, p = 0.01)で補正した多変量解析でこの所見を確かめた; この二つの変数は独立している.まとめ: 抗ウイルス薬/免疫グロブリンは他の治療に比べて長期間の疾患のない効果がある。
Eur Rev Med Pharmacol Sci. 2013 Nov;17(21):2847-2852.
Treatment of 741 italian patients with chronic fatigue syndrome.
Tirelli U, Lleshi A, Berretta M, Spina M, Talamini R, Giacalone A.
Department of Medical Oncology, Division of Medical Oncology A, National Cancer Institute of Aviano, Pordenone, Italy
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-11-24 22:15 | 慢性疲労症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line