慢性疲労症候群ではカルニチン代謝に異常がある


男性CFS患者ではフリーcarnitineの血清レベルは少し減少しているが、CFS患者の全, フリーおよび短鎖carnitine の血清レベルは健常者のそれと同等。これに対して,CFS患者の末梢血リンパ球(peripheral blood lymphocytes:PBLs)の全, フリーおよび短鎖carnitine濃度は健常対照者のそれより有意に低い。我々の研究は、CFS患者は外因性のcarnitine補給が必要と示唆する。CFS患者のPBLsのcarnitine濃度が低いことは恐らく筋肉を含む他の組織でのcarnitine欠乏が起こっていることを反映している。細胞内のcarnitines濃度の低下は、免疫的異常と骨格筋でのエネルギー代謝の障害を説明することを助けるのかも。
Eur J Neurol. 1995 Nov;2(5):425-428. doi: 10.1111/j.1468-1331.1995.tb00151.x.
Abnormalities of carnitine metabolism in chronic fatigue syndrome.
Majeed T, de Simone C, Famularo G, Marcellini S, Behan PO.
Glasgow University Department of Neurology, Institute of Neurological Sciences, Southern General Hospital, 1345 Goven Road, GlasgowG51 4TF, UKInfectious Diseases, Department of Experimental Medicine, University of L'Aquila, Coppito 2, 67100 L'Aquila, ItalyOspedale S. Camillo, Circonvallazione Gianicolense 332, 00100 Rome, Italy.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-12-01 14:42 | 慢性疲労症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line