複合性局所疼痛症候群患者の血漿アミノ酸


220 人, 160人のCRPS患者と60人の無痛の対照者から採血。血漿アミノ酸レベルを両群で比較。CRPS 患者は対照群に比べて、L-Aspartate, L-glutamate, およびL-ornithineは有意に増加するが、L-tryptophan およびL-arginineは有意に低下。さらに, CRPS患者では L-tryptophanに対するL-kynurenineの比は有意に増加するが, 全アルギニン生物学的利用能比(global arginine bioavailability ratio:GABR)は有意に低下する。CRPS患者では全体の痛みと、L-glutamateの血漿レベルやL-tryptophanに対するL-kynurenine toの比に有意に相関する。CRPS患者ではL-tryptophanの血漿レベルの低下と罹病期間は有意に相関する.
Plasma Amino Acids Changes in Complex Regional Pain Syndrome.
Alexander GM, Reichenberger E, Peterlin BL, Perreault MJ, Grothusen JR, Schwartzman RJ.
Department of Neurology, Drexel University College of Medicine, 245 North 15th Street, MS 423, Philadelphia, PA 19102, USA.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-12-08 21:21 | 複合性局所疼痛症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line