むずむず脚症候群の薬物治療


Levodopa, pramipexole, ropinirole, transdermal rotigotine, pergolide およびcabergolineには短期間の明快な有効性のエビデンスがある。これらの薬の副作用はdopaminergic agentsに一般的な副作用であり,通常軽度で可逆的, その副作用は恐らく比較的低用量で起こる. Augmentation、すなわち疾患の進行によらない症状の悪化はdopaminergic drugs, 特にlevodopaの厄介な副作用. Ergot-から派生したdopaminergic agentsは定期的に多弁性心疾患や胸膜肺線維化の進行をチェックする必要がある。Gabapentinにも効果に明確な証拠がある。 まとめ:dopaminergic agentsは特発性RLSの第一選択の治療.
Neurol Sci. 2007 Jan;28 Suppl 1:S61-6.
The treatment of restless legs syndrome.
Montagna P.
Department of Neurological Sciences, University of Bologna Medical School, Via Ugo Foscolo 7, I-40123, Bologna, Italy
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-12-08 22:25 | むずむず脚症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line