NSAIDなどの大腸憩室合併症の危険性:系統的総説とメタ解析


NSAIDsとその他の薬の大腸憩室の合併症の系統的総説とメタ解析。23の論文。結果: 各研究における 穿孔と膿瘍形成のオッズはNSAIDs (1.46-10.3), aspirin (0.66-2.40), steroids (2.17-31.9) およびopioids (1.80-4.51)であり出血のオッズはNSAIDs (2.01-12.6), paracetamol (0-3.75), aspirin (1.14-3.70) およびsteroids (0.57-5.40)。統合したデータでは穿孔と膿瘍形成のオッズは有意に増加しNSAIDs (OR 3.40), steroids (OR 9.08) およびopioids (OR 2.52). 憩室出血のオッズも増加しNSAIDs (OR 2.69), aspirin (OR 3.24), およびカルシウムチャンネルブロッカー(OR 2.50). 大部分の研究では投薬の期間と投薬量を記載しておらず, 憩室の合併症の程度を系統的に記載できない。
Colorectal Dis. 2013 Dec 9. doi: 10.1111/codi.12516. [Epub ahead of print]
Increased diverticular complications with NSAIDs and other medications: a systematic review and meta-analysis.
Kvasnovsky CL, Papagrioriadis S, Bjarnason I.
Department of Colorectal Surgery, King's College Hospital, London, UK.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-12-15 13:39 | アセトアミノフェン、NSAID
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line