献血女性者におけるむずむず脚症候群


方法: 献血1週間後に50歳未満の291人の女性献血者で、1995年のInternational RLS study groupが定義した4つのRLSの症状を自己報告で調べた。献血の頻度, 疲労、有酸素運動能力、月経、気分障害と生活の質を評価し、ヘモグロビンとフェリチン濃度を調べた。結果: 献血1週間後の女性におけるRLSの有病率は6•9% (CI 95% 4•2-10•4%). RLSである女性献血者は 過剰月経の有病率が有意に高く(P = 0•033) 疲労が有意に強い(P = 0•001). RLSと過去の献血の回数 (P = 0•409)有酸素運動能力 (P = 0•476), 気分障害(P = 0•169), 生活の質(P = 0•356), ヘモグロビン(P = 0•087), および血清フェリチン(P = 0•446)には関連がない.
Vox Sang. 2013 Dec 13. doi: 10.1111/vox.12123. [Epub ahead of print]
Prevalence of restless legs syndrome in female blood donors 1 week after blood donation.
Pedrazzini B, Waldvogel S, Vaucher P, Cornuz J, Heinzer R, Tissot JD, Favrat B.
Author information
Department of Ambulatory Care and Community Medicine, University of Lausanne, Lausanne, Switzerland.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-12-23 20:13 | むずむず脚症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line