抗うつ薬による性機能障害


大うつ病(major depressive disorder:MDD) 患者には性機能障害(Sexual dysfunction:SD) が多いが、治療薬である第二世代の抗うつ薬(second-generation antidepressants:SGADs)とも関連する。系統的総説とネットワークメタ解析。1980 年から2012年10月までの英語論文。2人の査読者が独立して対象者が少なくとも1000人で少なくとも6週間の無作為振り分け研究を調べた。結果: SGADsで治療した26,000人以上の患者での63の研究のデータでは軽度から中等度の偏りの危険性 (58 RCTs, 5つの観察研究). 37の RCTsからの66の一対比較のネットワークメタ解析に基づくと、大部分の比較ではSGADs のSDの危険性は同様。しかし, 信頼区間は広く、かなり臨床的に関連のある差を含む。三つの主なパターンを見つけた: bupropionは他のSGADsよりも有意にSDの危険性が少ない, escitalopram(レクサプロ)およびparoxetine は他のSGADs よりも有意にSDの危険性が高い. SDに関連する有害性の報告は不一致であり不十分。
Drug Saf. 2013 Dec 13. [Epub ahead of print]
Sexual Dysfunction associated with Second-Generation Antidepressants in Patients with Major Depressive Disorder: Results from a Systematic Review with Network Meta-Analysis.
Reichenpfader U, Gartlehner G, Morgan LC, Greenblatt A, Nussbaumer B, Hansen RA, Van Noord M, Lux L, Gaynes BN.
Author information
Department for Evidence-based Medicine and Clinical Epidemiology, Danube University Krems, Dr.-Karl-Dorrek-Str. 30, 3500, Krems, Austria, ureichenpfader@hotmail.com
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-12-23 20:18 | 抗うつ薬
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line