NSAIDによる腸障害


方法. NSAIDs (>1 month)で治療を受けており貧血and/or便潜血陽性 である37人のRA患者 (30人は女性; 平均年齢55歳) が本研究に参加し、カプセル内視鏡 (EndoCapsule; Olympus), 血液検査を受け, アンケートに答えた. 結果. カプセル内視鏡で診断されたNSAID-誘発性のenteropathyの有病率は 68% (25/37),そして軽度 (red spots またはびらん) は18人 (49%),中等度 (10-20 のびらん) は 4 人(11%),そして強度の enteropathy (>20 びらんまたは潰瘍)は3人 (8%). enteropathyと性別、年齢、ヘモグロビン、白血球、アルブミン、 CRP, またはdyspepsiaとの間には有意差はない。COXの特異性に基づくNSAIDsのサブグループには有意な差はなかった。
Gastroenterol Res Pract. 2013;2013:268382. doi: 10.1155/2013/268382. Epub 2013 Dec 7.
NSAID-Induced Enteropathy in Rheumatoid Arthritis Patients with Chronic Occult Gastrointestinal Bleeding: A Prospective Capsule Endoscopy Study.論文あり
Tachecí I, Bradna P, Douda T, Baštecká D, Kopáčová M, Rejchrt S, Bureš J.
Second Department of Internal Medicine-Gastroenterology, Charles University in Prague, Faculty of Medicine in Hradec Králové and University Hospital, Sokolská 581, 500 05 Hradec Králové, Czech Republic.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-01-04 20:22 | アセトアミノフェン、NSAID
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line