サインバルタによる死亡例


2009年から2012年まで検視をしてduloxetineが関係する症例を調べた。There were 34例で cases where duloxetineが見つかり、そのうち19例で中毒に関与していた。大腿の血管内の濃度の中央値は0.14mg/L (range 0.01-1.42mg/L). 多くの死では無数の薬と併用; 13種類の併用もあった。半数以上の死亡例では致死的な併用薬の組み合わせが原因。5例ではSSRIsおよび venlafaxineはduloxetineとの併用でセロトニンの毒性の危険性を増加させたのかも。duloxetine との併用禁忌であるMetoclopramideが2例で見つかる. NSAIDs (n=11), 抗精神病薬 (n=15) およびbenzodiazepines (n=14)が併用で見つかる. 心疾患が40%以上で見つかり, 多くは冠動脈疾患又は心肥大。duloxetineのみによる死亡は少ない (n=4); しかし並存症や薬の併用は致死的な出来事を増加させる、特に他の pro-serotonergicな薬物を内服時には。
Forensic Sci Int. 2014 Jan;234:165-73. doi: 10.1016/j.forsciint.2013.11.009. Epub 2013 Nov 20.
The prevalence of duloxetine in medico-legal death investigations in Victoria, Australia (2009-2012).
Pilgrim JL1, Gerostamoulos D2, Drummer OH2.
1Department of Forensic Medicine, Monash University, 57-83 Kavanagh Street, Southbank 3006, Victoria, Australia. Electronic address: jennifer.pilgrim@monash.edu.
2Department of Forensic Medicine, Monash University, 57-83 Kavanagh Street, Southbank 3006, Victoria, Australia; Victorian Institute of Forensic Medicine, 57-83 Kavanagh Street, Southbank 3006, Victoria, Australia.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-01-04 20:32 | 抗うつ薬
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line