むずむず脚症候群の夜間摂食


方法:横断研究でイタリア、Bologna のthe University of Bologna Centre for Sleep DisordersでRLSの4つの国際基準を満たす120人の患者を調べた。各患者は半構造的な電話インタビューで人口動態的データ、健康状態、RLSの特徴と程度、過剰な日中の眠気、夜食[夜間摂食]症候群(night eating syndrome :NES)の有無を調べた。結果: 37人の男性と 83人の女性、年齢は63.8±11.5歳。 31%の患者は夜間摂食(nocturnal eating:NE)の出来事を報告し; そのうち17%は NESの新しい診断基準を満たす. NEを合併していないRLS患者と比べて、RLSの特徴には差がない. しかし, NEを合併したRLS患者は高齢 (67.2±11.6 vs 62.4±11; P=.038), BMIの範囲が高く(27.7±3.8 vs 26.1±4.1kg/m2; P=.023),合併疾患による投薬が多く (89% vs 72%; P=.031),不眠の頻度が多く (40% vs 23%; P=.041), 睡眠薬の使用が多く (37.8% vs 19.3%; P=.050) dopaminergic作動薬の内服が多い drugs (65% vs 46%; P=.041). NES の診断基準を満たすRLS患者と NESの診断基準を満たさないRLS患者を比較すると,人口動態的、臨床的、およびRLSの特徴には差がないが、NE患者はBMI の範囲が高く(28.3±4.1 vs 26.2±3.9kg/m2, P=.037), 喫煙者が多く(43% vs 17%; P=.027), 睡眠薬の使用が多い(30% vs 24%; P=.025). NESの診断基準を満たす患者とNESの診断基準を満たさないがNEの基準を満たす患者を比較すると、後者の群でBDZの使用頻度が高いことを除くと、差がない (29% vs zero; P=.014).
Sleep Med. 2013 Dec 1. pii: S1389-9457(13)02000-5. doi: 10.1016/j.sleep.2013.08.796. [Epub ahead of print]
Nocturnal eating is part of the clinical spectrum of restless legs syndrome and an underestimated risk factor for increased body mass index.
Antelmi E1, Vinai P2, Pizza F1, Marcatelli M1, Speciale M2, Provini F3.
1Department of Biomedical and Neuromotor Sciences, University of Bologna, Bologna, Italy.
2GNOSIS No Profit Research Group, Cuneo, Italy.
3Department of Biomedical and Neuromotor Sciences, University of Bologna, Bologna, Italy; IRCSS, Institute of Neurological Sciences of Bologna, Italy.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-01-13 15:30 | むずむず脚症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line