NSAIDs3か月以上内服すると50%以上の確率で強度の小腸損傷


大阪市立大学。方法. 3か月以上NSAIDsを使用している43人。カプセル内視鏡を行い lactulose hydrogen breath test (LHBT).を行う。強度の小腸損傷を4つ以上の小さい糜爛または大きな糜爛/潰瘍の存在と定義。breath hydrogen gas が検査前より>20 ppmであれば、LHBTの結果は陽性と見なす。結果: 43人中, 22人(51%)で強度の小腸損傷. 強度の小腸損傷のない21人中5人(24%)でLHBTが陽性であり、強度の小腸損傷がある21人中13人 (59%)でLHBTが陽性。多重ロジスティック回帰分析によるとthat an LHBT-陽性は有意に強度の小腸損傷のオッズ比が増加する(OR, 6.54; 95% CI, 1.40-30.50). 強度の小腸損傷がある患者でLHBT-陽性とLHBT-陰性には症状に有意差はない。まとめ. 小腸のバクテリアの過剰生育(small intestinal bacterial overgrowth:SIBO)は慢性NSAIDh使用者における強度の小腸損傷の発生に役割があるかも。
Scand J Gastroenterol. 2014 Jan 13. [Epub ahead of print]
Role of small intestinal bacterial overgrowth in severe small intestinal damage in chronic non-steroidal anti-inflammatory drug users.
Muraki M, Fujiwara Y, Machida H, Okazaki H, Sogawa M, Yamagami H, Tanigawa T, Shiba M, Watanabe K, Tominaga K, Watanabe T, Arakawa T.
Department of Gastroenterology, Osaka City University Graduate School of Medicine , Osaka , Japan.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-01-19 21:00 | アセトアミノフェン、NSAID
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line