手根管症候群の手術法と複合性局所疼痛症候群発症率


無作為振り分け研究のデータによりメタ解析を行い内視鏡的手根管開放術(endoscopic carpal tunnel release:ECTR)と開放的手根管開放術(open carpal tunnel release:OCTR)の効果と安全性を評価。2012年11-12月まで。結果:15の無作為振り分け研究で1,596の手。the Cochrane Collaborationの手法で偏りの評価を行うと,4つの研究は質が高く,5つの研究は中等度の質であり,6つの研究は質が低い. メタ解析によるとECTRはピンチ力の回復が良好であり、仕事復帰までが早いが、可逆性の神経障害 (neurapraxiaやしびれを含む) の割合がOCTRより高い. ECTR は非可逆性の神経障害 (P > 0.05), 創の問題(感染、血腫、創離開を含む) およびreflex sympathetic dystrophy (P > 0.05) の割合がcompared with OCTRよりも低い. 我々のメタ解析によると症状(痛みとparaesthesia)の改善, 握力の改善、再手術率いんは有意差ない。まとめ:無作為振り分け研究に基づいた我々のメタ解析によるとECTRと OCTR は症状の改善は同程度であるが、ECTRの方がOCTRよりも機能の改善が良好であり、仕事復帰までが早く、安全。
Arch Orthop Trauma Surg. 2014 Jan 12. [Epub ahead of print]
Effectiveness and safety of endoscopic versus open carpal tunnel decompression.
Chen L, Duan X, Huang X, Lv J, Peng K, Xiang Z.
Department of Orthopaedics, West China Hospital, Sichuan University, No. 37, Guoxue Xiang, Chengdu, 610041, Sichuan, China.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-01-19 21:16 | 複合性局所疼痛症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line