むずむず脚症候群における片頭痛の有病率


265人の成人 RLS 患者 (137 males and 128 females)を a Sleep Disorders Unitで経過観察しthe International Restless Legs Syndrome Study Group (IRLSSG)が定義した基準で診断. RLS の特徴と程度はthe IRLSSG severity scaleにて調べた. 頭痛のサブタイプの診断はthe International Classification of Headache Disordersで行った. 性別、年齢、RLS発症時の年齢, RLSの罹病期間, RLSの家族歴, 頭痛の家族歴、抑うつの存在、RLSへの治療、およびRLS治療による頭痛の変化を調べた。結果:平均年齢は50.4 ± 12.8歳, mean age at RLS発症時の平均年齢は 41.6 ± 13.2歳, 平均罹病期間は8.40 ± 8.6 歳. そのうち163人には頭痛があり;そのうち40人は偏頭痛型の頭痛 (15.1%). 男性RLS患者の中で偏頭痛型頭痛の有病率は9.4%であり、女性RLS患者の中で偏頭痛型頭痛の有病率は 21.1%. RLSと偏頭痛合併患者の中で 67.5%は女性, 他のタイプの頭痛を合併したRLS患者の48.0%は女性(P = .032), 頭痛のないRLS患者の41.2% は女性of RLS (P = .005). RLSの程度は偏頭痛合併者の方が頭痛を合併しない患者よりも強い (P < .001). 抑うつの存在、RLSの家族歴, そして頭痛は偏頭痛合併者の方が他の頭痛を合併したRLS患者や頭痛を合併しないRLS患者よりも頻度が高い。頭痛のある36人の患者はRLSの治療により部分的あるいはかなり軽減。
Headache. 2014 Jan 16. doi: 10.1111/head.12288. [Epub ahead of print]
The Prevalence of Migraine in Restless Legs Syndrome.
Gozubatik-Celik G, Benbir G, Tan F, Karadeniz D, Goksan B.
Istanbul University Cerrahpasa Faculty of Medicine, Istanbul, Turkey.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-01-19 21:38 | むずむず脚症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line