腰椎穿刺、慢性疲労症候群、特発性頭蓋内圧亢進の関連


横断研究。病院の放射線科の外来患者。CFSと頭痛を合併し専門外来を受診し頭蓋内圧亢進を否定するために腰椎穿刺を受けた患者。腰椎穿刺で頭蓋内圧を測定し脳脊髄液のドレナージによる影響を調べた。結果: 脳脊髄液の平均の圧は19 cm H2O (range 12-41 cm H2O). 4人の患者が特発性頭蓋内圧亢進(idiopathic intracranial hypertension:IIH)の基準を満たした。その他の13人はIIHと診断するには十分な高い圧ではなかったが、脳脊髄液をドレナージした後では頭痛が改善した。何人かの患者では疲労を含むその他の症状も改善。頭蓋内圧亢進の臨床的な症状を呈した患者はいなかった。まとめ:特発性頭蓋内圧亢進(idiopathic intracranial hypertension:IIH)とCFSは関連があるのかも。
JRSM Short Rep. 2013 Nov 21;4(12):2042533313507920. doi: 10.1177/2042533313507920. eCollection 2013.
Lumbar puncture, chronic fatigue syndrome and idiopathic intracranial hypertension: a cross-sectional study.
Higgins N1, Pickard J2, Lever A3.
1Department of Radiology, Addenbrooke's Hospital, Cambridge CB2 0QQ, UK.
2Academic Department of Neurosurgery, Addenbrooke's Hospital, Cambridge CB2 0QQ, UK.
3Department of Infectious diseases, Addenbrooke's Hospital, Cambridge CB2 0QQ, UK.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-02-02 19:39 | 慢性疲労症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line