肺高血圧患者におけるむずむず脚症候群の有病率


the Pulmonary Hypertension Association conferenceに参加した肺高血圧症(PH)患者に横断的なアンケートを行った。.Restless Legs Syndrome-Diagnostic Index questionnaireを用いた. 年齢、性別、身長、体重、BMI、投薬リスト、PH World Health Organization (WHO) 診断群、および現在のWHO機能クラスを含む人口動態的データを調べた。結果:128 人のPH 患者。大部分は女性 (86.8%) で平均年齢49.68 歳(SD 14.24). 平均 BMIは 31.3 (SD 20.46).121人(93.75%)がWHO group 1 (肺性動脈性高血圧)と分類. 3人はWHO group 3 (低酸素状態),4人は group 4 (chronic thromboemboli), そして1人はgroup 5 (各々2.3%, 3.1%, and 0.8%). 確実な RLSは128人中16人であり、有病率は12.5%,可能性のあるRLSは128人中 39 人(30.46%) そして RLSでない者は 73 人(57.03%)。まとめ;PHではRLSの有病率は増加せず。我々の研究では可能性のあるRLSの有病率が高かった。まとめ:PHではRLSの有病率は増加せず。我々の研究では可能性のあるRLSの有病率が高い。確実と可能性のあるRLSを合わせた有病率は有意に高い。さらに多くのPHの患者を調べてRLSとの関連を調べるべき。
Clin Respir J. 2014 Jan 24. doi: 10.1111/crj.12114. [Epub ahead of print]
Survey of restless legs syndrome in a pulmonary hypertension population.
Ussavarungsi K, Kaplan J, Burger C, Arunthari V.
•Division of Pulmonary Medicine, Mayo Clinic, 4500 San Pablo Road South, Jacksonville, Florida 32224.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-02-02 19:49 | むずむず脚症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line