脊椎関節炎における線維筋痛症の有病率


この研究は2段階: (1) 402人の確実な強直性脊椎炎(AS)または軸性乾癬性関節炎(axial-PsA)を調べてFMの有病率を評価する; そして(2) 419 人の患者(111 人のaxial-SpA, 248 人のFM, および60人のaSpA + FM)において異なるバージョンの the Ankylosing Spondylitis Disease Activity Score (ASDAS) and the Bath Ankylosing Spondylitis Activity Disease Activity Index (BASDAI)を用いて疾患活動性を評価。軸性脊椎関節炎(axial-PsA)におけるFMの有病率は14.9 %であり, 女性における有病率としては高い(p < 0.0001); ASにおけるFMの有病率は 12.7 %でありaxial-PsA におけるFMの有病率は17.2 %. BASDAI 点数はASDAS-CRPおよび ASDAS-ESR(赤沈)の点数と相関するが (p < 0.0001), ASDASのみが疾患活動性を評価し十分区別できる.炎症の一つのマーカーのみの追加が有意差のレベルを十分にする(ASDAS-CRP, p = 0.0018; ASDAS-ESR, p = 0.003). FMは axial-SpAにはありふれており、女性に多い。
Rheumatol Int. 2014 Feb 8. [Epub ahead of print]
Fibromyalgia in patients with axial spondyloarthritis: epidemiological profile and effect on measures of disease activity.
Salaffi F, De Angelis R, Carotti M, Gutierrez M, Sarzi-Puttini P, Atzeni F.
•Department of Rheumatology, Polytechnic University of Marche, Ospedale "Carlo Urbani", Via dei Colli 52, 60035, Jesi, Ancona, Italy.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-02-16 19:52 | FMの疫学
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line