NSAIDによる癌予防作用


NSAIDsと全および部位特異的な癌の発生率の関連を大規模な前向きのWomen's Health Initiative (WHI)で調べた. 129,013人の女性を1993年から1998まで40のUS臨床センターでのWHIに参加するように集め前向きに経過観察した.9.7年の経過観察後, 一次性浸潤性の12,998の癌が診断された. NSAID使用を系統的に集めた。Cox比例ハザード回帰モデルで多変数で補正したNSAIDs使用と全および部位特異的な癌発生の危険性の関連のハザード比(hazard ratios:HR) および95%信頼区間(confidence intervals:CI) を計算した. 不使用に比較していずれのNSAIDを継続使用 (例えば、研究開始時と3年経過開始時の使用)しても全癌の危険性とは関連しない(HR 1.00, 95% CI: 0.94-1.06). 個々のNSAIDsの結果は統合した結果と同様. 部位特異的な解析では, NSAIDsは大腸直腸癌、卵巣癌、悪性黒色腫の危険性を減らす. 女性における大腸直腸癌に対して化学的予防効果がありいくつかの稀な癌を減らす予備的なエビデンスがある。癌の発生に対するNSAIDs' の恩恵は特異的な部位に限定されておりすすべての癌で調べられたわけではない。
Int J Cancer. 2014 Mar 6. doi: 10.1002/ijc.28823. [Epub ahead of print]
Non-steroidal Anti-inflammatory Drugs and Cancer Risk in Women: Results from the Women's Health Initiative.
Brasky TM1, Liu J, White E, Peters U, Potter JD, Walter RB, Baik CS, Lane DS, Manson JE, Vitolins MZ, Allison MA, Tang JY, Wactawski-Wende J.
1The Ohio State University College of Medicine, Department of Internal Medicine, Division of Cancer Prevention and Control, Columbus, OH; Fred Hutchinson Cancer Research Center, Clinical Research Division, Seattle, WA.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-03-09 21:15 | アセトアミノフェン、NSAID
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line