身体機能低下の予測因子としてのむずむず脚症候群


方法:2002年にRLSを評価するためにthe International RLS Study Groupの推奨する質問を用いた。その他の睡眠の訴えや不眠, 睡眠の断片化および日中の過度の眠気ン関する質問を2004年に行った。1996年と 2008年に身体機能(physical function:PF)の特徴を調べるためにthe Short Form-36 Health Survey のthe Physical Function (PF-10) surveyを用いた。2008年の PF-10点数を年齢、1996年のPF-10 点数、およびその他の可能性のある交絡因子で補正して2002年の最初のRLSのカテゴリーに従い調べた。結果:可能性のある交絡因子で補正すると当初のRLS患者はRLSではない者より有意に6年後のPF-10点数が有意に低い (mean difference = -2.32, p = 0.01). RLS 症状が1か月15回以上の者vs RLSではない者のPF-10点数の差の大きさは5歳の年齢の増加や中等量の喫煙よりも大きい。毎日の日中の眠気や睡眠時間が1日9時間以上はそれらの症状がない者と比べて有意に平均PFが低い(両方ともp < 0.05).
Neurology. 2014 Mar 5. [Epub ahead of print]
Restless legs syndrome status as a predictor for lower physical function.
Zhang C1, Li Y, Malhotra A, Ning Y, Gao X.
1From The Channing Division of Network Medicine (C.Z., Y.L., X.G.) and Division of Sleep Medicine (C.Z., A.M.), Department of Medicine, Brigham and Women's Hospital and Harvard Medical School, Boston, MA; the Department of Epidemiology and Community Health (Y.N.), Virginia Commonwealth University, Richmond; the Department of Nutrition (X.G.), Harvard School of Public Health, Boston, MA; and School of Public Health (XG), Peking Union Medical College, Beijing, China.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-03-09 21:19 | むずむず脚症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line