片側CRPSでも健側も過敏になっている


方法:20人の一側上肢のCRPS患者と20人の年齢、性別、BMIをマッチさせた対照群。局所のcapsaicin 5%を両手の手背に30分間塗り, 痛みの強さをVASで評価。レーザーDoppler perfusion imager scannerで capsaicin-誘発性の皮膚血流と発赤部位を評価。感覚テスト、定量的発汗軸索反射テスト、および血管収縮反応により自律神経機能と小線維機能を評価。結果: capsaicin (P ≤ 0.02), 皮膚のひだ(P = 0.001), 関節のの圧迫(P < 0.0001), 寒冷(P ≤ 0.01), および熱による痛み(P ≤ 0.04)に対する対照群に比較しての患者の両側の過敏性 およびCRPS患者の患側の手の非罹患側の手に比べての熱痛覚過敏や機械的刺激に対する痛覚過敏(P ≤ 0.001)を見つけた。患者は正常のcapsaicin-誘発性の発赤部位、熱感知閾値、定量的発汗発汗軸索反射テストおよび血管収縮反応を示した。まとめ:主要な所見は対照群に比べて患者ではcapsaicin-誘発性の疼痛が両側で増加すること。capsaicinに対する発赤反応は正常であり, それは痛み反応の増加は神経原性の炎症ではないことを示す。末梢神経又は神経根の神経支配の部位に限定できない有痛性の化学的、熱的、機械的刺激に対する両側の過敏性は局所の変化では説明できず、central sensitization によって部分的に説明できるかも。
Anesthesiology. 2014 Mar 11. [Epub ahead of print]
Bilateral Hypersensitivity to Capsaicin, Thermal, and Mechanical Stimuli in Unilateral Complex Regional Pain Syndrome.
Terkelsen AJ1, Gierthmühlen J, Finnerup NB, Højlund AP, Jensen TS.
•1From the Danish Pain Research Center and Department of Neurology, Aarhus University Hospital, Aarhus, Denmark (A.J.T., T.S.J.); Department of Neurology, Division of Neurological Pain Research and Therapy, University Hospital of Schleswig-Holstein, Kiel, Germany (J.G.); Danish Pain Research Center, Aarhus University Hospital, Aarhus, Denmark (N.B.F.); and Department of Orthopedic Surgery, Odense University Hospital, Odense, Denmark (A.P.H.).
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-03-16 17:28 | 複合性局所疼痛症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line