変形性関節症に対するサインバルタ、NSAID、オピオイドの効果


acetaminophen が有効ではないOAに対して、Duloxetine、経口NSAIDとオピオイドを12週以上使用した無作為振り分け対照研究。1985年から2013年3月までの系統的総説とメタ解析。 結果:32の出版、34の研究 (2つの出版は各々2つの研究を報告)が基準に合致。解析によるとoxycodone (frequentist) および hydromorphone (frequentist and Bayesian)以外のすべての治療は偽薬よりも有効。duloxetineに対する間接的な比較では大部分の成分では有意差はない。いくつかの解析では、duloxetineのetoricoxibに対する差 (better), tramadolのoxycodoneに対する差 (worse)があったが, 解析の間には統一された結果はない. Forest plotsによると治療前の状態が改善の効果に関連する傾向。治療前の状態で補正すると、duloxetineが他の治療より優れている確率は15%と 100%の間。この研究の問題点は解析した研究の数の少なさ、英語論文の実を含めたこと、経済的に誤った推論をした可能性。まとめ:この解析によるとduloxetineと他の第一選択のOAの治療薬の間には12週後のthe Western Ontario and McMaster Universities Index (WOMAC)点数には差がない3つの成分の有意な結果は (1 better and 2 worse) 解析では一貫していなかった。
BMC Musculoskelet Disord. 2014 Mar 11;15(1):76. [Epub ahead of print]
The efficacy of duloxetine, non-steroidal anti-inflammatory drugs, and opioids in osteoarthritis: a systematic literature review and meta-analysis.
Myers J, Wielage RC, Han B, Price K, Gahn J, Paget MA, Happich M.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-03-16 17:38 | アセトアミノフェン、NSAID
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line