むずむず脚症候群の脳の異常


方法: diffusion tensor imaging (DTI) の測定を22人の RLS患者と 22人の年齢を一致させた対照群で行う。voxelに基づき解析すると, fractional anisotropy (FA)および axial and radial diffusivities (AD and RD)で RLSと健常者を比較しtwo-sample t-testおよび相関分析を行う。 結果: RLS患者は対照群と比較すると下前頭回に隣接した脳梁の膝と前頭野の脳の白質(brain white matter:WM)のFA が低下。FAの低下した部位では, AD とRD は患者の方が対照者よりも高い。考察: 我々の所見によると軸索密度とミエリンの喪失は、RLSの以前の研究で見られた WMの変化を説明するかも。
Neurol Res. 2014 Feb 11:1743132814Y0000000336. [Epub ahead of print]
Altered white matter integrity in primary restless legs syndrome patients: diffusion tensor imaging study.
Chang Y, Paik JS, Lee HJ, Chang HW, Moon HJ, Allen RP, Earley CJ, Cho YW.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-03-16 17:41 | むずむず脚症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line