不眠は線維筋痛症の危険因子


不眠が精神疾患や身体疾患を予測するかどうかを調べる。就労している24 715人からなる二つのNord-Trøndelag Health Studies (1995-97年のHUNT2 および2006-08年のHUNT3)からの前向きの人口を基にした前向きのデータを用いて不眠が身体疾患や精神疾患発生の危険因子かどうかを調べた。不眠はDSM-IVにより定義。HUNT2における不眠は11年後のHUNT3における身体疾患と精神疾患発生の有意な危険因子。交絡因子で補正すると、大部分の影響はわずかに緩和されるのみであり, 補正を行っても不眠は依然として以下の疾患の有意な危険因子: 抑うつ[odds ratio (OR): 2.38, 95% confidence interval (CI): 1.91-2.98], 不安(OR: 2.08, 95% CI: 1.63-2.64), FM(OR: 2.05, 95% CI: 1.51-2.79), 関節リウマチ (OR: 1.87, 95% CI: 1.29-2.52), whiplash (OR: 1.71, 95% CI: 1.21-2.41), 関節炎(OR: 1.68, 95% CI: 1.43-1.98), 骨粗しょう症(OR: 1.52, 95% CI: 1.14-2.01, 頭痛(OR: 1.50, 95% CI: 1.16-1.95, 喘息(OR: 1.47, 95% CI: 1.16-1.86 および心筋梗塞 (OR: 1.46, 95% CI: 1.06-2.00). 補正をしないと不眠は狭心症、高血圧、肥満、脳卒中発生と有意に関連するが、交絡因子で補正すると有意ではなくなる。
J Sleep Res. 2013 Oct 30. doi: 10.1111/jsr.12102. [Epub ahead of print]
Insomnia as a risk factor for ill health: results from the large population-based prospective HUNT Study in Norway.
Sivertsen B1, Lallukka T, Salo P, Pallesen S, Hysing M, Krokstad S, Overland S.
1Division of Mental Health, Norwegian Institute of Public Health, Bergen, Norway; Uni Health, Uni Research, Bergen, Norway; Department of Psychiatry, Helse Fonna HF, Haugesund, Norway.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-03-23 17:35 | FMの疫学
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line