NSAIDsは前立腺癌を減らす


系統的総説とメタ解析。結果:39の研究(20の症例対照研究と19のコホート研究) を解析. 31の研究はNSAID使用と前立腺癌(PCa)発生率 を論じ、8つの研究はPCaに特異的な死亡率を論じる. 非使用に比べると, aspirin使用はPCa発生の危険性を有意に減少させ, その関連は進行したPCaの方が全 PCaよりも少し強い (OR = 0.92, 95% CI = 0.87 to 0.97全 PCa; OR = 0.81, 95% CI = 0.73 to 0.89 for 進行したPCa). Aspirin使用は PCa特異的な死亡率を中等度減少させるようだ(HR = 0.86, 95% CI = 0.78 to 0.96 for total PCa; OR = 0.81, 95% CI = 0.71 to 0.92 for advanced PCa).全般的に,いずれかのNSAIDs, NA-NSAIDs and cyclooxygenase-2 inhibitorsの統合された影響には、PCaの進展やPCaに特異的な死亡率の点では副作用がないか効果がある, しかしその結果は一定ではない。研究デザインと研究の質によって階層化されるが地理的な領域では変化しない時にはその効果の評価は著しくは変化しない。さらに, 4年以上の長期間のaspirin使用も有意にPCaの発生率を減少させる(OR = 0.88, 95% CI 0.79 to 0.99).
BMC Med. 2014 Mar 28;12(1):55. [Epub ahead of print]
Effect of aspirin and other non-steroidal anti-inflammatory drugs on prostate cancer incidence and mortality: a systematic review and meta-analysis.
Liu Y, Chen JQ, Xie L, Wang J, Li T, He Y, Gao Y, Qin X, Li S..
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-04-06 17:18 | アセトアミノフェン、NSAID
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line