ヘルペス感染は慢性疲労症候群の危険因子


台湾のthe National Health Insurance Research Database (NHIRD)を用いて, herpes zoster (HZ)感染とCFSの危険性の関連を調べ,他の説明不能の慢性疲労を含む患者ウイルス感染後の疲労の可能性を調べた。NHIRDを用いた前向きコホート研究で, 2005 年から2007年までの9,205人のHZ感染患者[ICD-9 (International Classification of Disease, Ninth Revision), code 053] および36,820人のHZ感染ではではない患者(non-HZ),を2010年の末まで経過観察。CFSの発生率はHZコホートの方が非-HZコホートより高く(1,000人―年あたり4.56 vs. 3.44),修正ハザード比は 1.29 [95 % confidence interval (CI) = 1.09-1.53]。併存症のない CFSの危険性はCFSコホートと非-CFSコホートの間で 1.25倍から1.36倍へ増加し; 長期の経過観察で, HZコホートは非-HZ患者よりもCFS発症の累積発生率は有意に高い.
Eur J Clin Microbiol Infect Dis. 2014 Apr 9. [Epub ahead of print]
Increased risk of chronic fatigue syndrome following herpes zoster: a population-based study.
Tsai SY1, Yang TY, Chen HJ, Chen CS, Lin WM, Shen WC, Kuo CN, Kao CH.
•1Department of Laboratory Medicine, Mackay Memorial Hospital, Taipei, Taiwan.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-04-13 17:50 | 慢性疲労症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line