筋痛性脳脊髄炎の心機能


筋痛性脳脊髄炎(Myalgic encephalomyelitis:ME)は最近CFSの原因と主張されている。 40人のME患者で、起立不耐症(Orthostatic intolerance:OI)の有無を臨床症状と10-分の起立テスにより調べた。心エコー検査により左心室(Left ventricular:LV)の直径と機能をME 患者と4人の対照者で比較した。急速に起立可能な 36人の ME患者の中で35人 (97 %) OIあり。心胸比, 全身の収縮期血圧と拡張期血圧, LV 拡張期終末径(end-diastolic diameter:EDD), LV 収縮期終末径, 一回拍出量係数,心係数およびLV mass indexの平均はすべてME群の方が対照群より有意に小さい。小さい LVEDD (<40 mm, 45 vs. 3 %)と少ない心係数(<2 l/min/mm2, 53 vs. 8 %)は ME 群の方が対照群よりも多い。心拍とLV駆出率は両群で同程度.まとめとして、心拍出量の少ない小さいLの容積は MEでは普通であり, OIはさらに普通. 小さい心臓の心機能不全はMEの症状と関連があるようだ.
Heart Vessels. 2014 Apr 16. [Epub ahead of print]
Cardiac dysfunction and orthostatic intolerance in patients with myalgic encephalomyelitis and a small left ventricle.
Miwa K.
Department of Internal Medicine, Miwa Naika Clinic, 1-4-3 Shintomicho, Toyama, 930-0002, Japan
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-04-20 12:04 | 慢性疲労症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line