静脈血栓塞栓症患者におけるNSAIDやアセトアミノフェンの出血の危険性


静脈血栓塞栓症患者において、抗凝固療法(rivaroxaban 又はenoxaparin-vitamin K antagonist [VKA]) とNSAID又は aspirin治療の併用の出血の危険性を評価。EINSTEIN 深部静脈血栓症および肺塞栓(症)臨床研究からの観察データの前向き解析でcomparing rivaroxabanと enoxaparin-VKA治療を比較した, 2007年から2009年まで病院又はクリニックで登録された8246人の患者で行われた研究。NSAIDおよびアスピリン内服中の出血率を非内服時と比較。 主要な測定方法: NSAIDおよびアスピリンを使用した日と使用しなかった日で臨床的に意味のある出血の率と重大出血の率をハザード比で患者―年で示す。結果: NSAID-抗凝固治療の併用中は、臨床的に意味のある出血は100人―年当たり37.5発生し vs 抗凝固療法のみでは16.6発症する (hazard ratio [HR], 1.77 [95% CI, 1.46-2.14]). NSAID-抗凝固療法併用中の重大出血は100人―年あたり6.5発生し、非使用では2.0 (HR, 2.37 [95% CI, 1.51-3.75]). aspirin-抗凝固療法の併用では臨床的に意味のある出血は100人―年当たり36.6であり、アスピリン非使用では 16.9 (HR, 1.70 [95% CI, 1.38-2.11]). aspirin-抗凝固療法の併用では重大出血は100人―年あたり4.8でありアスピリン非使用では 2.2 (HR, 1.50 [95% CI, 0.86-2.62]).臨床的に意味のある出血や重大出血の危険性の増加はrivaroxabanおよび enoxaparin-ビタミンK拮抗薬抗凝固でも同様. まとめ:抗凝固治療を受けている静脈血栓塞栓症患者の中で、NSAID又はaspirinの併用使用は臨床的に意味のある出血や重大な出血の危険性の増加と関連する。
JAMA Intern Med. 2014 Apr 14. doi: 10.1001/jamainternmed.2014.946. [Epub ahead of print]
Bleeding Risk of Patients With Acute Venous Thromboembolism Taking Nonsteroidal Anti-Inflammatory Drugs or Aspirin.
Davidson BL1, Verheijen S2, Lensing AW3, Gebel M4, Brighton TA5, Lyons RM6, Rehm J7, Prins MH8.
•1Division of Pulmonary and Critical Care Medicine,University of Washington School of Medicine, Seattle, Washington.
•2University of Amsterdam, the Netherlands.
•3Bayer Healthcare, Wuppertal, Germany4Academic Medical Centre, Amsterdam, the Netherlands.
•4Bayer Healthcare, Wuppertal, Germany.
•5Haematology Division, Prince of Wales Hospital, Sydney, Australia.
•6Cancer Care Centers of South Texas/US Oncology, San Antonio, Texas.
•7Pulmonary Associates of Fredericksburg, Fredericksburg, Virginia.
•8Maastricht University Medical Centre, Maastricht, the Netherlands.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-04-20 12:49 | アセトアミノフェン、NSAID
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line