アレルギーは複合性局所疼痛症候群の危険因子


交感神経ブロックにより痛みが軽減した整形外科のCRPS I 患者(n=115) を本研究に含める; 対照群(n=115)をCRPS I 群と年齢、性別、外傷部位をマッチさせる。患者の平均年齢は42歳. CRPS I群では, 全患者が白人で大部分(80.8%)は女性. CRPS I 患者の皮膚は色白の(きれいな)(57.7%), まだらの(しみだらけの) (57.7%), または敏感な (80.8%)と表現されている. CRPS I患者の中で, 78人(67.8%) にはアレルギーの棋王がありそれは対照群の患者39人 (33.9%)より有意に多い (P<.0001). 1回の交感神経ブロックの後少なくとも1か月完全に痛みがなくなったCRPS I 患者はアンケートを尋ねられ(n=35), 皮膚穿刺試験を用いた即時型アレルギーテストを26人が受けた.皮膚科過敏テストは83.3%の陽性予測値であり76.9%の正確性. この結果に基づくと, アレルギー/過敏正反応の既往は整形外科の患者においてCRPS I の要因。
Orthopedics. 2014 Mar 1;37(3):e286-91. doi: 10.3928/01477447-20140225-62.
Allergy/Hypersensitivity reactions as a predisposing factor to complex regional pain syndrome I in orthopedic patients.
Li X, Kenter K, Newman A, O'Brien S.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-04-27 14:33 | 複合性局所疼痛症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line