SSRIによる意図的な自傷


1998年1月1日から2010年12月31日まで通常量または通常以上の量のSSRIによる抗うつ治療を開始した10-64歳のうつ病の162 625 人のUS居住者の人口を基にした健康管理のデータを用いた傾向点数でマッチさせたコホート研究。主要な結果と測定:ICD-9の外傷の外敵原因コードE950.x-E958.x (故意の自傷).結果:高用量の治療を開始された子供と24歳以下の成人における故意の自傷の割合は通常量で開始したマッチさせた患者の約2倍 (hazard ratio [HR], 2.2 [95% CI, 1.6-3.0]),これは通常量の治療に代わって高用量で治療を受けた患者150人あたり約1人で故意の自傷が起こることに相当。25 歳から64歳の成人においては自作行動の絶対的な危険性はかなり低くand the effective risk difference null (HR, 1.2 [95% CI, 0.8-1.9]).
JAMA Intern Med. 2014 Apr 28. doi: 10.1001/jamainternmed.2014.1053. [Epub ahead of print]
Antidepressant Dose, Age, and the Risk of Deliberate Self-harm.
Miller M1, Swanson SA2, Azrael D1, Pate V3, Stürmer T3.
1Department of Health Policy and Management, Harvard School of Public Health, Boston, Massachusetts.
2Department of Epidemiology, Harvard School of Public Health, Boston, Massachusetts.
3Department of Epidemiology, Gillings School of Global Public Health, University of North Carolina at Chapel Hill, Chapel Hill.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-05-05 11:50 | 抗うつ薬
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line