外傷の場所と種類によるCRPSの危険因子


方法:人口に基づいた症例対照研究。2004年から2009年までCRPSと診断がつき少なくとも1回外来受診したか入院した589人。各CRPS 患者に,年齢性別をマッチさせた10人の非CRPS者を無作為に全国レベルのデータベースから選んだ。多変量ロジスティック回帰モデルを用いCRPS の危険因子のオッズ比(PLoS One. 2013;8:e57205と95%信頼区間 (95% CIs)を算出。結果:外傷は年齢や性別とは独立したCRPSの危険因子 (OR, 2.96; 95% CI, 2.18 to 4.02). 補正モデルでは, 上肢の開放創(OR 1.25, 95% CI 1.02 to 1.54) はCRPSの高い危険因子。神経損傷や脊髄損傷(OR 2.42, 95% CI 1.44 to 4.08), 筋と関節の捻挫と緊張(OR 1.69, 95% CI 1.40 to 2.03)表面の外傷(OR 1.23, 95% CI 1.00 to 1.51),および打撲傷(OR 1.44, 95% CI 1.20 to 1.74)はCRPSの危険性を高くするが, 骨折はそうではない。まとめ:体幹よりも四肢の外傷はCRPSの重要な危険因子。
Pain Pract. 2014 May 7. doi: 10.1111/papr.12211. [Epub ahead of print]
Injury Location and Mechanism for Complex Regional Pain Syndrome: A Nationwide Population-Based Case-Control Study in Taiwan.
Wang YC1, Li HY, Lin FS, Cheng YJ, Huang CH, Chou WH, Huang HH, Lin CC, Lin CC, Sung FC, Wei JN.
•1Department of Anesthesiology, National Taiwan University Hospital, Taipei, Taiwan.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-05-12 21:59 | 複合性局所疼痛症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line