小児のアレルギー性鼻炎の危険因子、アセトアミノフェンなど


イスタンブールの全地域の75の小学校の6-7歳の11,483人の子供を調べた。アレルギー性鼻炎の症状の有病率はthe International Study of Asthma and Allergies in Childhood (ISAAC)アンケートの翻訳版で評価。そのうち, 9,875人 (50.7%は男性, 49.3%は女性) のアンケートは親により適切に回答された. 人生におけるアレルギー性の有病率、現在のアレルギー性鼻炎の有病率、医師の診断したアレルギー性鼻炎の有病率は各々44.3%, 29.2% および8.1%. イスタンブールの地域間で鼻炎の有病率にはほぼ2倍の差がある。生後1年の頻回のparacetamolと抗生物質の使用, 上部呼吸器感染症の頻回の既往、adenotonsillectomy, 6か月未満の授乳、自宅に犬がいる又は生後1年間でperianal redness, および自宅近くをトラックが頻繁に通過することが独立した危険因子。
Turk J Pediatr. 2014 Jan-Feb;56(1):31-40.
Prevalence of allergic rhinitis and risk factors in 6- to 7-yearold children in İstanbul, Turkey.
Tamay Z1, Akçay A, Ergin A, Güler N.
•1Division of Pediatric Allergy and Clinical Immunology, Department of Pediatrics, İstanbul University İstanbul Faculty of Medicine, İstanbul, Turkey.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-05-18 17:17 | アセトアミノフェン、NSAID
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line