NSAIDとアスピリンの小腸粘膜障害の比較


広島大学。方法:低用量のアスピリン(low-dose aspirin:LDA) と非アスピリンNSAIDsを内服しており,不明瞭な胃腸出血を起こした各々78人と40人の記録を後ろ向きに比較。全患者がカプセル内視鏡(capsule endoscopy:CE)により小腸粘膜障害あり。CEの所見に基づき、2群の小腸粘膜障害の数とCE点数を比較.結果: LDA 群と非アスピリンNSAID群の発赤病変の平均数は各々 2.49 ± 3.15と 1.65 ± 3.04;びらん/潰瘍の平均は各々 1.56 ± 3.75 と6.08 ± 10.4, そして平均CE点数は各々 154 ± 294 および520 ± 758。LDA群はその他の非アスピリンNSAID群に比べて発赤部位の数の平均は有意に高く、びらん/潰瘍とCE点数の平均は有意に高い。まとめ:小腸粘膜障害はLDA群の方が非アスピリンNSAID群よりも有意に軽症であるが, 発赤部位はLDA 群の方が多い。
Digestion. 2014 May 22;89(3):225-231. [Epub ahead of print]
Comparison of Small-Bowel Mucosal Injury between Low-Dose Aspirin and Non-Aspirin Non-Steroidal Anti-Inflammatory Drugs: A Capsule Endoscopy Study.
Watari I1, Oka S, Tanaka S, Igawa A, Nakano M, Aoyama T, Yoshida S, Chayama K.
•1Department of Gastroenterology and Metabolism, Graduate School of Biomedical and Health Sciences, Hiroshima University, Hiroshima, Japan.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-06-01 21:18 | アセトアミノフェン、NSAID
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line