系統的総説:慢性広範痛症は死亡率が高い


慢性痛又はwidespread pain (FMを含む) と死亡率の関連のメタ解析。結果: 10の研究を解析。補正をしない結果では、3つの報告では慢性痛又はwidespread painには有意な関連があると報告。補正された解析では, 4つの研究が有意な関連. 残りの研究では有意な関連はない. メタ解析では、比較した結果の計測を用いて研究の結果には有意な異質性があり (n = 7)(I2 = 78.8%) and a慢性痛とすべての原因の死亡率の関連には中等度ではあるが有意ではない統合された概算 (MRR1.14,95%CI 0.95-1.37). 解析をwidespread pain の研究に限定するとこの関連は強くなる(n = 5,I2 = 82.3%) MRR1.22(95%CI 0.93-1.60).癌や心血管疾患による死亡でも同じパターンが観察された。異質性は研究対象の人口、経過観察期間、痛みのタイプ、解析方法と、交絡因子の利用に差による。
PLoS One. 2014 Jun 5;9(6):e99048. doi: 10.1371/journal.pone.0099048. eCollection 2014.
Chronic pain and mortality: a systematic review.
Smith D1, Wilkie R1, Uthman O2, Jordan JL1, McBeth J1.
•1Arthritis Research UK Primary Care Centre, Research Institute for Primary Care and Health Sciences, Keele University, Staffordshire, United Kingdom.
•2Warwick Centre for Applied Health Research and Delivery (WCAHRD), Division of Health Sciences, Warwick Medical School, University of Warwick, Coventry, United Kingdom.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-06-09 22:55 | FMの疫学
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line