マクロファージ性筋膜炎患者の約半数は慢性疲労症候群


2000年1月から2013年7月までに我々の Neuropathology Laboratoryで見られたマクロファージ性筋膜炎Macrophagic myofasciitis (MMF)患者16人の後ろ向き研究。16人の平均年齢は48.8 ± 18.0 歳; 80.0 %は女性。16人中8人はCFS. 患者の半数でクレアチニンキナーゼが上昇し25.0 %はミオパチーの筋電図。13人は症状が起こる前にアルミニウムの含まれているワクチンの筋注を受けている。MMF は炎症性myopathyの特有のパターンを映し出しているのかも ワクチンに含まれるadjuvantが幾人かの患者ではMMFを引き起こすのかも.
Rheumatol Int. 2014 Jun 13. [Epub ahead of print]
Macrophagic myofasciitis and vaccination: Consequence or coincidence?1請求
Santiago T1, Rebelo O, Negrão L, Matos A.
•1Rheumatology Unit, Centro Hospitalar e Universitário de Coimbra, Praceta Prof. Mota Pinto, 3000-075, Coimbra, Portugal
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-06-15 17:14 | 慢性疲労症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line