妊婦への抗うつ薬投与は胎児の心臓欠陥を増加させない


方法: 2000年から2007年までの期間国家レベルのMedicaid Analytic eXtractを用いてコホート研究.最後の月経の3か月前から出産後1か月までの間にMedicaid に登録し生産児を生んだ949,504人の妊婦。最初の三分期に抗うつ薬を内服した女性から生まれた新生児における主要な心臓の欠損の危険性を抗うつ薬を内服していない女性から生まれた新生児のそれと比較し、補正していない解析と抑うつのある女性と交絡因子のコホートに限定した解析. 結果: 64,389人の女性 (6.8%)が最初の三分期に抗うつ薬を使用。抗うつ薬にさらされていない6403人の新生児が心臓の欠陥あり(1万人の新生児あたり72.3人に心臓の欠陥あり), 一方抗うつ薬にさらされた580人の新生児に心臓の欠陥あり (1万人の新生児あたり90.1人). 抗うつ薬使用と心臓の欠陥の関連は交絡因子で補正すると弱まる. SSRIs使用によるあらゆる心臓の欠陥の相対的危険性は補正のない解析で 1.25 (95% confidence interval [CI], 1.13 to 1.38), 抑うつのある女性に限定すると1.12 (95% CI, 1.00 to 1.26, そして抑うつのある女性に限定してすべての交絡因子で補正すると1.06 (95% CI, 0.93 to 1.22). paroxetine と右心室流出路の閉塞 (relative risk, 1.07; 95% CI, 0.59 to 1.93)あるいは sertraline と心室中隔欠損 (relative risk, 1.04; 95% CI, 0.76 to 1.41)の間には有意な関連はなかった.
N Engl J Med. 2014 Jun 19;370(25):2397-2407.
Antidepressant Use in Pregnancy and the Risk of Cardiac Defects.
Huybrechts KF1, Palmsten K, Avorn J, Cohen LS, Holmes LB, Franklin JM, Mogun H, Levin R, Kowal M, Setoguchi S, Hernández-Díaz S.
•1From the Division of Pharmacoepidemiology and Pharmacoeconomics, Department of Medicine, Brigham and Women's Hospital and Harvard Medical School (K.F.H., J.A., J.M.F., H.M., R.L., M.K., S.S.), the Department of Epidemiology, Harvard School of Public Health (K.P., S.H.-D.), the Center for Women's Mental Health, Massachusetts General Hospital (L.S.C.), and the Medical Genetics Unit, MassGeneral Hospital for Children (L.B.H.) - all in Boston; and Duke University School of Medicine, Durham, NC (S.S.).
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-06-23 23:27 | 抗うつ薬
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line