NSAID内服者における潰瘍や出血と臨床症状の関連


方法前向き、多施設、非盲検研究で2群に分かれた1231人の患者を評価: group I - NSAID でありgroup II - non-NSAID.全員が臨床的な訴えの発生、タイプ、消化管出血に関連した薬の使用や合併症 を評価するためのアンケートに答えた。結果:1213人の患者を評価。そのうち65%は女性、13.1%は喫煙者; 15.6%はアルコール飲料を摂取.主要な他覚所見と自覚症状は心窩部痛と胸焼け (各々67% および62%). 上部胃腸(The upper gastrointestinal:UGI)内視鏡はgroup Iでは3.9%が正常であり、group IIでは 10.7%が正常(p < 0.001). Patient who do not use NSAIDを使用していない患者は2.5倍正常のUGI内視鏡所見になりやすい (p = 0.001).胃と十二指腸の糜爛や潰瘍の病変はgroup Iに多い. 胃の病変の発生率と十二指腸の病変の発生率(びらん: 49.12% vs. 13.60%, p = 0.001;潰瘍: 14.04% vs. 11.84%, p = 0.05)。消化管出血の危険性はNSAIDs使用者では12倍高く(6.14% vs. 0.51%), 胃は出血がより頻繁に起こりやすい場所。まとめ: NSAIDs使用者においては胃潰瘍、十二指腸潰瘍、および消化管出血の頻度が高い。内視鏡所見と消化不良症状の間には関連がない.
Scand J Gastroenterol. 2014 Jun 18:1-5. [Epub ahead of print]
Ulcer and bleeding complications and their relationship with dyspeptic symptoms in NSAIDs users: a transversal multicenter study.
Dib RA1, Chinzon D, de Souza Fontes LH, de Sá Teixeira AC, Navarro-Rodriguez T.
•1Department of Gastroenterology, University of São Paulo, School of Medicine , São Paulo , Brazil.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-06-23 23:53 | アセトアミノフェン、NSAID
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line