慢性疲労症候群の免疫反応


系統的総説。健常な座っている対照者と比較してCFS患者が運動に対して異なる免疫反応を示すかどうかを調べた23の症例対照研究。その研究の方法論的な質を評価。健常者で見られる運動に対する免疫系の正常な反応に比較して, CFS患者は補体系(i.e. C4a split product levels)において反応がより顕著 (i.e. C4a split product levels), および酸化ストレス系 (すなわち、遅延しており減少した反酸化反応と一緒になった増加した酸化ストレス), および免疫細胞の遺伝子発現プロフィールの変化(increases in 運動後のinterleukin-10 およびtoll-like receptor 4 遺伝子発現),しかし循環する炎症促進又は反炎症サイトカインではそうではない。CFSではこれらの免疫の多くは運動後の倦怠感に関連して変化し、これはこの疾患の主要な特徴。総説では、CFS患者では運動に対する免疫反応の変化はレベルBのエビデンス。
Exerc Immunol Rev. 2014;20:94-116.
Altered immune response to exercise in patients with chronic fatigue syndrome/myalgic encephalomyelitis: a systematic literature review.
Nijs J, Nees A, Paul L, De Kooning M, Ickmans K, Meeus M, Van Oosterwijck J.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-07-06 12:58 | 慢性疲労症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line