メタ解析によるとセレコックスは心血管イベントを増やす


メタ解析。少なくとも4週間の無作為振り分け研究。結果:celecoxibと偽薬を比較した41の研究から, celecoxib群は偽薬で治療した対照群に比べると深刻な血管イベントの発生率が有意に高い (rate ratio 1.598, 95% CI: 1.048 to 2.438;; p = 0.029)。さらに, celecoxibで治療している患者では,非致死的な心筋梗塞の発生率は対照群の3倍高い(rate ratio 3.074, 95% CI :1.375--6.873, p = 0.006)。これに対して,非致死的な脳梗塞の発生率と心血管が原因の死亡の発生率にはcelecoxib群と偽薬群で有意差はない。さらに, etoricoと偽薬を比較した17の研究の結果を調べると、調査した各評価項目の発生率には有意差はなかった。各coxiと非選択的 COX2 阻害薬のnaproxenを比較すると,心筋梗塞又のオッズと脳卒中のオッズは有意差はなかった。まとめ:celecoxibによる心血管イベントの発生率の増加はわずかであり、cardiovascular events associated with treatment with celecoxib is small in absolute terms, it is reasonable to state that celecoxibはその長所が心血管系に及ぼす副作用を上回ると判断することが合理的。
Minerva Cardioangiol. 2014 Jul 16. [Epub ahead of print]
Cardiovascular risk associated with celecoxib or etoricoxib: a meta-analysis of randomized controlled trials which adopted comparison with placebo or naproxen.1請求
De Vecchis R1, Baldi C, Di Biase G, Ariano C, Cioppa C, Giasi A, Valente L, Cantatrione S.
•1Cardiology Unit, Presidio Sanitario Intermedio''Elena d'Aosta'', Napoli, Italy - r.de.vecchis@alice.it
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-07-20 22:21 | アセトアミノフェン、NSAID
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line