高用量のH2ブロッカーは低用量のH2ブロッカーよりもNSAID潰瘍予防能が高い


方法:香港でthe Clinical Data Analysis and Reporting System (CDARS)を用いて後ろ向きコホート研究。経口NSAIDと経口ヒスタミン2受容体拮抗薬(histamine-2 receptor antagonist:H2RA)を1回処方された18歳以上の患者を研究期間(2009年1月1日と2012年12月31日)で見つける。index date (最初のNSAID処方)の前の2年間で消化性潰瘍(peptic ulcers:PUs)の既往または危険因子を持つ患者は除外. Log binomial regression解析を用いて高用量 H2RA versus低用量 H2RA併用のNSAID使用者におけるPUの相対危険度を計算.結果: NSAIDコホートの中で (n = 102,042), 77,50人 (76 %)は低用量H2RAであり24,53人 (24 %)は高用量 H2RA. 薬に暴露された期間で69人の PUの症例が同定されたが, 64人 (0.08 %)は低用量H2RAをそして5人 (0.02 %)は高用量H2RAを内服. NSAID使用者のPUsの絶対的な危険性は H2RA併用では1,479患者で1人。高用量H2RA versus 低用量H2RAを内服しているNSAID使用者の補正した相対危険度は 0.32 (95 % confidence interval [CI] 0.13-0.79). 65歳以上の患者, 長期間の治療を受けている, または抗血小板薬併用はPUの危険性が高い。まとめ:短期間の新規使用ではNSAID-関連PUsの一次的な予防として、高用量H2Rは低用量H2RAよりも効果が大きい。
Drug Saf. 2014 Aug 6. [Epub ahead of print]
Dosage Effects of Histamine-2 Receptor Antagonist on the Primary Prophylaxis of Non-Steroidal Anti-Inflammatory Drug (NSAID)-Associated Peptic Ulcers: A Retrospective Cohort Study.
He Y1, Chan EW, Man KK, Lau WC, Leung WK, Ho LM, Wong IC.
•1Centre for Safe Medication Practice and Research, Department of Pharmacology and Pharmacy, Li Ka Shing Faculty of Medicine, The University of Hong Kong, Hong Kong, SAR, China,
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-08-10 11:39 | アセトアミノフェン、NSAID
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line