妊婦へのアセトアミノフェン投与は白血病を予防する


この国立病院を基にした症例対照研究はブラジルの13の州の癌病院又は総合病院で集められた0-23か月の子供を対象. 鎮痛薬を含む妊娠中の母親の薬摂取は白血病の子供の母親231人と対照の411人から直接インタビュー。妊娠中の鎮痛薬使用と子供の早期の白血病の関連の非補正と補正したオッズ比(ORs)と95% confidence intervals (CIs)を無条件ロジスティック回帰で計算。急性リンパ性白血病においては、妊娠の最初の三分期のAcetaminophen使用はOR=0.39 (95% CI 0.17-0.93) 妊娠の2番目の三分期での使用OR=0.37 (95% CI 0.16-0.88). 急性骨髄性白血病においては二番目の使用はOR=0.11 (95% CI 0.02-0.97)。急性リンパ性白血病において、受胎前のdipyrone(ジピロン:日本で使用不能の鎮痛薬)の使用ではOR=1.63 (95% CI 1.06-2.53) 授乳期のdipyrone使用では OR=2.00 (95% CI 1.18-3.39).
Eur J Cancer Prev. 2014 Aug 13. [Epub ahead of print]
Pregnancy, maternal exposure to analgesic medicines, and leukemia in Brazilian children below 2 years of age.
Couto AC1, Ferreira JD, Pombo-de-Oliveira MS, Koifman S; Brazilian Collaborative Study Group of Infant Acute Leukemia.

•1aNational School of Public Health/FIOCRUZ bPediatric Hematology-Oncology Program/INCA, Rio de Janeiro, Brazil.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-08-18 23:35 | アセトアミノフェン、NSAID
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line