投薬にょるむずむず脚症候群の危険性


the United States Renal Data System (USRDS)内の透析患者における、4つの危険性のある投薬(抗うつ薬, 神経弛緩[遮断]薬 , 抗ヒスタミン薬, およびドーパミン遮断のある制吐[鎮吐]薬) とRLSの関連を調べる。方法:2006年10月1日から2010年12月1日までの期間のUSRDSでのアメリカ国内の末期腎疾患(end-stage renal disease:ESRD)患者全員の症例対照研究。16,165人のESRD患者 (3234の症例; 12,931人の年齢、性別 、人種をマッチさせた対照) 。結果:4種類の危険性のある薬はUSRDSの患者で広く使用されている。観察期間では、すべてがRLS診断のオッズの増加と関連 (オッズ比の範囲, 1.47-2.28; すべてp < 0.0001)。透析の時期で補正しても結果は変わらない。一種類を超える薬の使用はRLSのオッズを高める。
Sleep Med. 2014 Jun 13. pii: S1389-9457(14)00241-X. doi: 10.1016/j.sleep.2014.05.011. [Epub ahead of print]
Medications associated with restless legs syndrome: a case-control study in the US Renal Data System (USRDS).
Bliwise DL1, Zhang RH2, Kutner NG2.
•1United States Renal Data System Rehabilitation/Quality of Life Special Studies Center and Department of Neurology, Emory University, Atlanta, GA, USA. Electronic address: dbliwis@emory.edu
•2United States Renal Data System Rehabilitation/Quality of Life Special Studies Center and Department of Neurology, Emory University, Atlanta, GA, USA.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-09-01 23:38 | むずむず脚症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line