橈骨遠位端骨折にビタミンCを投与してもCRPSを防げない


方法:遠位橈骨の急性骨折の336人の成人患者を1年間経過観察し無作為に500 mg のvitamin Cまたは偽薬を骨折後50日間投与。一次的な結果は6週時と1年時のthe DASH (Disabilities of the Arm, Shoulder and Hand)点数。二次的な結果には、合併症、手関節と指の可動域、握力とピンチ力、痛み、CRPS点数。結果:治療群間において患者の特徴や骨折の特徴には有意差はない。研究期間においてvitamin Cはthe DASH点数には有意な効果を与えず。6週の時点で, 転位していない骨折のvitamin C群の患者は有意に手関節の屈曲角度の減少(p = 0.008) ピンチ力の減少 (p = 0.020) およびCRPSの発生率が大きい (p = 0.022)が,その他のすべての時点でCRPS発生率には差がない. vitamin Cで治療を受けた転位骨折患者は26週の時点で, 合併症の率が高く (p = 0.043) 使用で痛みが大きい(p = 0.045). 骨折治癒までの時間には有意差はない。まとめ:この研究によると、vitamin Cと偽薬で治療した非転位と転位の遠位橈骨骨折において1年の時点でのDASH点数、その他の機能の結果、CRPSの発生率、骨癒合の点で有意差はない。vitamin C投与には遠位橈骨の非転位および転位骨折の患者に恩恵がない。 Level IIのエビデンス.
J Bone Joint Surg Am. 2014 Sep 3;96(17):1451-9. doi: 10.2106/JBJS.M.00268.
The influence of vitamin C on the outcome of distal radial fractures: a double-blind, randomized controlled trial.
Ekrol I1, Duckworth AD1, Ralston SH2, Court-Brown CM1, McQueen MM1.
•1Edinburgh Orthopaedic Trauma Unit, Royal Infirmary of Edinburgh, 51 Little France Crescent, Edinburgh EH16 4SU, United Kingdom. E-mail address for A.D. Duckworth: andrew.duckworth@yahoo.co.uk
•2Rheumatic Disease Unit, Institute of Genetics and Molecular Medicine, University of Edinburgh, Western General Hospital, Edinburgh EH4 2XU, United Kingdom.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-09-08 23:50 | 複合性局所疼痛症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line